コレクション缶バッチの使い道を考える

皆さんは、コレクション缶バッチってどうしてますか?

ついつい買ってしまうコレクション缶バッチ

アニメショップやイベント会場なんかに置いてあるガチャガチャって、思わず回したくなりませんか?

だいたいこういうガチャのグッズって、缶バッチが多いんですよね。

キャラクターやロゴが印刷された缶バッチで、お目当のキャラが出るまでついつい回してしまいます。

その結果どうなるかといえば、大量に缶バッチが余ってしまうのです

出るまでは楽しいんですけど、冷静になって考えてみると、この缶バッチって使い道に困りませんか?

缶バッチなんだから、どこかにつけるのが良いんですけど、実際どこにつけるのか悩みます。

そこで今回は、缶バッチの使い道について考えて見たいと思います。

 

痛バッグを作る

アニメイトなんかに行くとこういうバッグ持ってる人は見ますね

これは痛バッグと言って、缶バッチをつけるのに適した専用のバッグなんです。

表面が透明のビニールで覆われているので、付けた缶バッチを傷つけることなく、缶バッチを見せることができます。

このバッグに自分の好きなキャラをいっぱい取り付けたら、側から見れば「あのキャラクターが好きなんだろうなあ」って思いますもんね。

結構見た目にもインパクトはあるので、結構目を引きます。

アニメグッズを扱うお店の近くにはこういうバッグ持った人結構見かけます。

中には、全部同じキャラクターのバッチをぎっしりと並べてつける人なんかもいて、「そこまでたくさん付けるのか・・・」と、驚く事もしばしば。

でも、これ以上ないくらいにそのキャラ好きアピールにはなります。

特に女性の場合は、同じアニメが好きでも、好きなキャラが違うと作品の魅力の感じ方も違ってきます。

迂闊に同じアニメ好きだからといって、気軽に語れない、という事情があるんですよね・・・女性の場合は特に

なのでこういうバッグで推しのキャラまでアピールしていると、ファン同士の交流もしやすいみたいです。

確かに、話のきっかけにしやすいですもんね。

缶バッチだから、取り外して他のバッチを付けられるところもメリットですね

 

コレクションケースやホルダーにしまう

まさにコレクションアイテムらしい使い方です。

ケースに収納すればスッキリするし、見栄えも良いです。

左のケースなら高級感もあって、お気に入りの缶バッチを保存するにふさわしいものとなるでしょう。

右のホルダータイプのやつは缶バッチとよく見かけるラバーストラップなんかも一緒にしまえるので、グッズを一括で管理できるのは便利ですよね。

 

クリアケースに入れて見せ合いする


池袋のアニメイト付近では、よくこんなケースに缶バッチを入れて、周りと交換して回る女の子をよく見ます。

ガチャだと、買うまで何が出るのかわからないですからね・・・ダブったら交換しているみたいです

まあ、これは自分が楽しむためというより、自分が欲しい缶バッチを手に入れるための手段って感じですけどね。

もちろん、ファン同士の交流のきっかけにもなります。

そんなわけで、持ち運んだり、歩き回るにはこういうケースは最適です。

 

そんなわけで

気がついたらたくさん集まってしまう缶バッチ。

ただ箱に入れておくだけではもったいと思うのです。

ケースに入れたり、バッグに付けたり、本来の使い道をすればもっと楽しくなるかもしれません。

まあ、そのせいでまた余計に買いすぎてしまうんですけどね
関連グッズとして、アクリルキーホルダーの記事も人気です




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です