【バラエティお菓子】檄マズ!?意外と美味しい?ゲテモノお菓子と飲料

変な味のお菓子、つい気になって食べてしまうんですよね

なぜ作ろうと思ったし!

雑貨屋で売っているお菓子といえば、海外輸入菓子やちょっと変わったものがあったりします。

その中でも目を引く商品といえば・・・。

こういう、どう考えても美味しくなさそうに見えるけど、ちょっと気になるお菓子ですよね。

そこで今回は見た目と味にインパクトのあるお菓子いくつかみなさんにご紹介したいと思います。

もちろん、ちゃんと食べた上でのレビューですよ

バラエティチョコ(秋刀魚のチョコ)

上でもちょっと紹介した秋刀魚のチョコです。

味の方が気になりますよね?本当の焼き魚の味がするのでしょうか・・・?

ご安心ください!

実はこれ秋刀魚の包装にチョコを入れているだけで、中は普通の麦チョコです。

見た目にインパクトはありますが、ただの見た目だけなので、味については安心できます。

危険度☆

カレー味のラムネ

ラムネといえば、しゅわしゅわと爽やかな炭酸飲料ですが、そこにカレーの味が加わるという、とんでもない飲み物です。

実は、見た目だけでこれも中身は普通のラムネじゃ・・・。

と、思う方もいるかもしれませんが、安心してください。ちゃんとカレーの味がついていますよ。

気になる味の方は、最初は普通のラムネですが、後からカレーの風味がやってきます。

なんというか、意外と飲めなくはないのですが、半分も飲むともういいやってなります。

サイダーにカレーパウダーをちょっと入れた感じ、といえばイメージしやすいでしょうか。

まあ、私は正直美味しくないと思ってます。

危険度☆☆

ジンギスカンキャラメル

見たことある人も多いのではないでしょうか。

北海道限定?らしいのですが、よく雑貨屋なんかにも置いてあります。

本物のジンギスカンは羊の肉(ラム肉)です。

ラムは肉独特の臭みを持っており、苦手な人も多いですね。

それをキャラメルにするという暴挙に出た商品。

気になる味の方は、ジンギスカンというより焼肉のたれ風味の味が一瞬だけしますが、噛むとキャラメルになります。

最初の「味の違和感」さえ乗り切ればキャラメルとして普通に食べることができます。

とはいえ、ジンギスカンのキャラメルだということを知らずに食べると普通にマズイと思います。

危険度☆☆☆

リコリス(ハリボーグミ シュネッケン)

真っ黒な、タイヤのような見た目のお菓子。「コーラ味かな?」と思って気軽に食べると痛い目を見ます。

ドイツでは子供から大人まで広く親しまれているお菓子らしいのですが、味の耐性がない日本人が食べると悶絶します。

それくらいマズイです。

見た目通りのゴムみたいな味という人もいますが、個人的には薬品のような味がする、という方が正しい気がします。

イソジンうがい薬をお菓子にしたような感じ、ですかね。見た目や評判だけで気軽に買って食べると後悔します。

危険度☆☆☆☆

デスソースのスナック

シャレにならない辛さです。ハバネロとか目じゃありません。

これ一度に全部食べたら口も胃もやられて大変な事になりますよ。

口の中がいくら水飲んでも痛くなるし、辛い物好きでも一度に食べきれないんじゃないかと思います。

お菓子を食べて生命の危機を経験したのは後にも先にもデスソース系のお菓子だけです。

危険度☆☆☆☆☆☆☆☆

みんなもゲキマズお菓子に挑戦してみよう!

気になるゲテモノお菓子、ネタにちょっと買ってみるのは良いですが、味に関しては「美味しい」というものはあまりないです。

みんなで「マズイ」をシェアして盛り上がるのも楽しいですが、買った以上はちゃんと食べましょうね・・・。

罰ゲームなんかで食べたら盛り上がるかもですね・・・食べたくないけど




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です