【ネックスピーカー】機能と価格で選ぶ!おすすめ3社を徹底比較!

今話題の最新スピーカー情報です!

オーディオ界の新トレンド!肩のせスピーカーを選ぼう!

スピーカーを肩に乗せるというスタイル。通常のスピーカーのように音漏れを気にする事なく、ヘッドホンやイヤホンのように耳を塞ぐ事もないので、耳が疲れにくいというメリットがあります。

2017年11月に販売し、その後、テレビなどで紹介された事で話題となり、一躍話題になりました。その人気を受け、他のメーカーも続けとばかりに続々と販売開始、ユーザーにとっては様々な用途に合わせて、スピーカーを選べるようになってきました。

予算と、重視する機能で色々と選べるのは嬉しいですよね!

そこで、それぞれの用途に合わせて選びたいネックスピーカー(肩のせスピーカー)を厳選し、3つご紹介します。

JBL SoundGear BTA


見た目が非常にスタイリッシュでコンパクト。JBLらしい耳心地の良いサウンドが特徴で、音楽はもちろん、スマホやタブレットで動画をよく見る人にもおすすめです。ワイヤレスなので、音の遅延を気にする人もいると思いますが、低遅延なので、ゲームをする人にもぴったりです。

肩にかけるというだけで、スピーカーとしての機能面はやはりブランドに依存するところも大きいので、そういう意味でも高品質・低価格が売りのJBLならほぼ間違いありません。同価格帯、少し上の価格帯の商品と比べても、音質で引けを取ることはほとんどないと思います。

「ネックスピーカーを初めて買うのだけど、何を選べば良いだろう?」という、初めての人にもおすすめです。

◆checkポイント

重さ:370g
バッテリー時間:6時間
機能性:B
価格の安さ:A

SONY ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

ネックスピーカーの火付け役となった商品です。2018年現在も品薄状態が続いており、購入者が絶えません。

もちろん人気の理由はテレビで話題になったからというだけでなく、機能面においても国産メーカーとしてのクオリティの高さが伺えます。

本体が振動するので、肩掛けならではの音と振動という体感が味わえます。音の広がりがとても豊かで、テレビや音楽も良いですが、映画を見るのに最適です。振動は3段階で調整できるので、見る映画のジャンルで変えてみたりすると面白いかもですね。今までにない体感型ホームシアターが味わえます。

後発のネックスピーカーに比べると見た目は少々大きいですが、重さはそれほど気になリません。

現在は品薄のため、価格は少し高めのため、人気が落ち着いてから購入するのも良いと思います。

◆checkポイント

重さ:335g
バッテリー時間:7時間
機能性:B
価格の安さ:B

Bose SoundWear Companion speaker

音のクオリティを求めるなら、やっぱりBOSEです。ウェーブガイドによって増幅された迫力ある低音がとても魅力。

細かい音量調整が可能で、周りを気にする外などでは重宝します。もちろん、音量を絞っても安定のBOSEサウンドは健在。「音」にこだわるスピーカーの老舗だからこその高品質です。

もちろん、音だけではありません。バッテリー駆動時間の長さも優れており、15分の急速充電で2時間使えるので、充電切れを気にする事もあまりないかと思います。

人間工学に基づく設計で、肩にずっとのせていても重さを感じません。長時間使用するヘビーユーザーならば、やはり軽ければ軽いに越したことはないですよね。

◆checkポイント

重さ:260g
バッテリー時間:12時間
機能性:A+
価格の安さ:B

ネックスピーカまとめ

人気商品を3つご紹介しましたが、現状はまだ製品による差はあまりないです。新しいタイプのスピーカーとはいえ、やはり重要なのは音質と、他に何を機能面で重視するかだと思いますので、そこは予算に合わせて決めてみてください。

ネックスピーカー市場はまだ生まれたばかりで、今後さらに広く普及していく可能性もあります。

そんな音楽スタイルの「最先端」を是非とも体験してみてください。

まずは電気屋さんとかで一度体験してみると良いカモですね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です