現金払いが時代遅れにみられる風潮は何故?日本人に電子マネーが不要な理由

皆さんは現金派?それとも電子マネー派?

圧倒的に便利な電子マネー・クレジットカード決済

日本のキャッシュレス決済比率が世界的に低い事はご存知の方も多いと思います。

グーグルで「電子マネー」や「キャッシュレス」などで検索すると、おすすめの電子マネー決済や、加盟店が多いクレジットカードの情報なんかが並びます。

皆さんの周りにも、こんな人がいませんか?

バイトちゃん
現金払いなんて時代遅れ!これからはスマホでぴっと済ませる方がカッコいいっす!

忙しい現代人、コンビニでも支払いは電子マネーでスマートに決済する人が増えています。

たまにスーパーなんかで年配の人が財布を取り出して、小銭をジャラジャラ広げて、丁寧に勘定しているせいで行列が出来てしまい、レジの店員も手持ち無沙汰で終始イライラしている場面に出くわしたりします。

もし、そんな時に電子マネーで一瞬で会計を済ませてしまえばレジの人も負担は減るし、後ろに並ぶ人も少なくなりますよね。

確かに、電子マネー、クレジットカード払いは利用者にとって良い事づくめです。メリット、デメリットを天秤にかけても圧倒的にメリットの方が多いと思います。

現金が目に見えないから使いすぎてしまう、なんて事にならなければ圧倒的に便利でしょう。

使えばポイントもつくし、普通に現金よりもお得ですよね

けれども、「現金払いはダサい」という風潮はどうなのでしょう。

日本はキャッシュレス後進国だとかよく言われますが、それは本当に悪い事なのでしょうか。

そもそも何故、日本ではキャッシュレスが進まないのでしょうか。

カード加盟店になるための手数料が高い

お店側(クレジットカード加盟店になる事)からすると、カード会社への手数料がとても高いのです。

その割合は、売上金の3.5%から5%にもなります。通常の売り上げから、ひと昔前の消費税分が引かれると考えれば、売り上げへの影響はかなり大きい事がわかると思います。

また、手数料の他に、実際に入金されるのが半月から1ヶ月待たされるというのもあります。大型チェーン店なら売り上げも一括で管理されているでしょうが、それが個人でやっているような規模の小さなお店なら、それだけの期間、現金の収入がないというのは売り上げに直接反映されない分、とても苦しいのです。

他国に比べて治安が良いため

窃盗や詐欺などの犯罪件数が低い日本では、まだまだ現金への信用が高いのです。逆に偽札が横行している中国では現金への信用が低く、電子マネーが主流となっていると言われています。

盗まれるリスクが低いなら別に現金でも良いと考える人が多いのも納得ですね

必要以上に電子マネー・クレジット決済が推奨される本当の理由

電子マネーと言えど、お金である事には変わりません。「お金を扱う」という事は、当然そこに関わる仕事をする人たちもたくさんいます。

ネット上には、電子マネーに関する様々な情報が出回っていますが、当然その情報も無償で提供しているとは限らないのです。

つまり、電子マネー、クレジットカードを推奨する人達はそうする事で収入を得ている場合もあります。

「今なら現金キャッシュバック!」「ポイントが10倍!」など、契約をすればそのメリットを享受するのは契約者だけでなく、紹介をした人にも報酬が発生するのです。

そういう情報を載せる媒体にインターネットは非常に相性が良いため、電子マネーを使わないのは時代遅れ!という風潮も生みやすくなります。

実際、電子マネーは便利な点もたくさんありますが、言い方を変えればなくても別に困らない、という事です。

災害時に現金ほど強いものはない

「災害 フリー画像」の画像検索結果

日本は大きな災害が起こりやすいです。しかし現金を使えれば停電や通信障害が起きてもお店は商売が成り立ちます。

電子マネーは、現代のインフラ機能が最低限揃っていないと使う事は出来ません。つまり、大きな視点で見ると、現金が使える方が、経済的な損失を抑えてくれるのです。

世界的な恐慌が起きると、貨幣価値が下がり、金が値上がりしますよね?

これからの時代、同じように電子マネーを蓄えるよりも、現金を持っている方が安心、という状況があるかもしれません。だから現金で経済を回す事は、決して悪い事ではないのです。

「日本人には」電子マネーが不要と言ったけど

「海外 フリー画像」の画像検索結果

日本食やアニメなどの独自のポップカルチャーを持つ日本は海外旅行先としても非常に人気があります。その需要は年々高まっており、東京オリンピックに向けて、海外の観光客に向けたインフラ整備などの政策に今、力を入れていますよね。

その中でも、電子マネー、クレジットカード決済というのは非常に重要になってきます。

現金を使わずに済むというのは、海外旅行へのハードルを大きく下げてくれるからです。不慣れな海外の通過を使うよりも、電子マネーがあれば支払いで困る事はありません。だから電子マネーが真に必要なのは、日本人ではなく海外の観光客です。

そのため、いくら現金さえあれば困らないと言っても、電子マネーの普及はやはり必須なのです。

まとめ

いろいろと書いてきましたが、要するに、こういう事です。

  • 現金払いがダサいという風潮は、それで得をする人がいるから
  • 電子マネー自体は非常に便利で使えるに越した事はない
  • 災害時やいざという時に現金は強い
  • 真に電子マネーが必要なのは日本人ではなく海外の観光客
私もスマホやSuicaにお小遣い入れて使ってます!
あたしなんか現金も電子マネーもキャッシュレスですよ!
それお金持ってないだけでしょ・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です