12月3日はPlayStationの発売日!プレステの登場がゲーム市場に風穴を開けた!

バイトちゃん
お疲れっす先輩! いやー、今日もうちのお店、人がいっぱい来たっすね!
りんこ
もう12月ですもの。クリスマス商戦で雑貨屋はこれからもっと忙しくなるわ!!
バイトちゃん
あびゃー! まだ忙しくなるんすか!? もうヘトヘトっすよー!!
りんこ
でもあなたバイトしてない日はどーせぐーたらしてるんでしょ
バイトちゃん
このバイトちゃん!! バイトが休みの日はゲーム三昧の充実した日々を過ごしているっす!!
りんこ
同じようなもんじゃない
バイトちゃん
全然違うっすよ!!ゲームも、今やeスポーツとして立派な職業になりましたからね!!
りんこ
ゲームと言えば、今日はプレイステーションの発売日だったのよ!

プレステはどうやって誕生した?

もともと、プレイステーション(以下プレステ)は単独のゲーム機として発売するのではなく、スーパーファミコンの周辺機器として発売する予定だった機体である事は有名な話ですよね。

データの記憶媒体として安価なCD-ROMを使う事によって大容量のゲームも遊べる時代になった事で、当初は任天堂とソニーが共同開発という形でスーパーファミコンとCD-ROMの一体型マシンの開発が進んでいました。

ところが、突然任天堂側がプロジェクトを破棄。これによって独自の規格でゲーム機開発を進める事になったのがプレステの始まりでした。

任天堂と決裂し、本格的にゲーム産業ヘと乗り出したソニーは、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントを設立します。

そして1994年12月3日、ついにプレイステーションは発売したのです。

バイトちゃん
もしも任天堂がこの時、最後まで一緒に開発をしていたら、今頃ゲーム業界は任天堂の天下だったかもしれないっすよね
りんこ
そうかもね。でもプレステが海外のゲーム市場を開拓していなかったら、日本のゲーム市場全体がどうなっていたかも分からないわね

プレステは何故、成功したのか

一言で言えば時代の流れでした。

スーパーファミコンの発売は1990年、一方のプレイステーションはその4年後です。スーファミのソフト売り上げ的には絶頂期ですが、当時のゲーム業界的に、2Dグラフィックはもはやチープなものになろうとしていました。

『バーチャファイター』などをはじめ、本格的な3Dグラフィックのゲームが登場し始めたのです。

そしてグラフィック技術が向上すると、当然ゲームを記録する媒体も大容量でないといけません。

プレステをはじめ、同年発売のセガサターンなどは安価で大容量のCD-ROMをゲームソフトに選択しました。

一方の任天堂は、カセットにこだわり、次世代機『ニンテンドー64(以下ロクヨン)』でもソフトはカセットでした。

ゲーム開発者からすると時代遅れのカセットソフトでのゲーム開発は特殊な環境を必要としたせいか、ゲーム開発と参入が容易だったプレステにみんな流れてしまいました。

バイトちゃん
確かに、ロクヨンのゲームソフトって少なかったっす!
りんこ
その分、ゲームメーカーはプレステに流れてしまったってわけね!

どんなソフトが発売された?

プレステから登場した主なタイトルに「クラッシュ・バンディクー」、「パラッパラッパー」、「サルゲッチュ」などの人気キャラクターを生み出したゲームの他、サバイバルガンシューティングの金字塔「バイオハザード」や「シーマン」「蚊」「せがれいじり」といった変わり種ゲームも生まれました。

そしてゲームユーザーに驚きを持って迎えられたのは、これまでファミコン、スーパーファミコンで発売されてきたRPGシリーズの「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」の正式なナンバリングタイトルをプレステで発売する事を表明した事でした。

プレステのゲームハードとしての地位を確立したのは、これらの超人気タイトルまでもがプレステに移行した事による影響も大きいと言われています。

バイトちゃん
ドラクエ7はやっぱりやり込み要素が強いっすね!
りんこ
FF7も当時は3DグラフィックのRPGというのはなかなか画期的だったって言われているわ!

プレステの販売戦略

ゲームハードの王者、任天堂が陥落した事により、次の覇権こそは我が社のゲーム機とばかりに、ゲームハード業界は再び盛り上がりました。

プレステは発売時の価格は39,800円でしたが、他のメーカー同様に価格競争を続け、最終的に15,000円まで値下げしました。

プレステは価格競争になる事を折込済みで設計を行っており、他のメーカーが価格競争に耐え切れず撤退していく中、部品の徹底的なコストカットと、CD-ROMによるソフト生産のコストダウン、ロイヤリティの削減によってソフトの販売価格も下げる事にも成功し、90年代後半はプレステのほぼ一強状態になりました。

バイトちゃん
セガサターンやロクヨンもそこそこ健闘してたっす!!
りんこ
その辺も語り始めると長くなるので省略

最終的にプレステは世界で1億240万台売れるのですが、恐ろしい事にプレステ2がさらにこれ以上の売り上げを記録してしまうのです。

因みに、国内で一番売れたPSソフトは『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』でした。

バイトちゃん
なんか、FF7じゃないのが意外な気がするっす!
りんこ
世界だとグランツーリスモが1085万本で圧倒的に人気だったみたい
バイトちゃん
はえー、レーシングゲームが一番売れるってのもなんか意外っす
りんこ
因みに、世界一売れたゲームソフトはwiiフィットらしいわよ
バイトちゃん
ゲーム機を買ったのに、遊ぶソフトがゲームっぽくないってこれもう何のために買ったのかよく分かんないっすね・・・




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です