12月8日はJ・K・ローリングの小説『ハリー・ポッターと賢者の石』が日本で刊行された日

りんこ
はあ・・・
かな
おや、元気がないですよ?りんこさんや
りんこ
うん。昨日はちょっと夜更かししちゃってね
かな
おー。規則正しい生活してそうなのに、意外だねえ!
りんこ
なんか久しぶりに小説を読み出しちゃったら止まらなくて・・・
かな
夜更かしするほど面白い小説だったのかい?
りんこ
うん、ハリーポッターって言うんだけど・・・
りんこ
というわけで、今日は『ハリーポッターと賢者の石』が日本で発売された日なのよ!
かな
あー、それに合わせて読んでたのね

世界的大ベストセラー小説『ハリーポッター』って?

『ハリーポッター』シリーズはイギリスの女性作家、J・K・ローリングによる児童文学・ファンタジー小説です。

全7巻(4巻以降は上下巻)で、1巻ごとにストーリーの中で一年が経過します。

児童文学という枠を超え、大人にも熱狂的に支持された大長編ファンタジー小説は、全世界で5億部を売り上げ、世界で最も売れた小説と言われております。

そんなハリーポッターは、1996年の8月にイギリスの小さな出版社から出版されました。

初版はたった500部しか発行されなかったものの、口コミで瞬く間に評判が広がり、翌年にはベストセラーとなり、海外にも出版され始めます。

そして1999年の12月8日、日本でも刊行されたのです

しかし当初は日本でもあまり注目はされておらず、静山社という小さな出版社からの出版でした。

ところが2001年11月に『ハリーポッターと賢者の石』が劇場公開されると、日本でも人気に火がつき、劇場作品もシリーズ化されて最終巻まで映画化されました。

2007年に原作小説が完結したものの、現在でもスピンオフシリーズの刊行、劇場版作品は定期的に公開されており、作品の世界観はさらに広がりを見せています。

りんこ
ユニバーサルスタジオにテーマパークもできたわよね!
かな
今もスピンオフの『ファンタスティック・ビースト』がシリーズで映画やるよね!

ハリーポッターってどんなお話?

1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語です。

物語の魅力はなんといっても、主人公ハリー達が通う魔法学校での寮生活の様子や、個性的で魅力的な頼れる仲間達、そして独特な魔法や魔法道具、美味しいのかどうかよく分からない謎のお菓子など、とにかくユニークなものがたくさん登場します。

魔法学校という、日々不思議な事が起こらないはずがない空間の中で、ハリー達は魔法を学びながら仲間達と青春を謳歌しつつも、一方で自分の両親を殺した闇の魔法使いヴォルデモートと対峙していきます。

りんこ
作中に登場する料理やお菓子が、まずそうなのか美味しそうなのか想像つかないところが絶妙なのよね!
かな
バタービールとか、百味ビーンズとか、食べてみたいような、そうでないような食べ物っていっぱいあるよね!

ハリーポッターの誕生秘話って?

これも有名なお話ですが、作者のJ・K・ローリングは、ハリーポッターを書きあげる前は生活保護を受けるシングルマザーでした。

喫茶店で一杯のコーヒーで一日粘って書き上げたと言われております。

小説を書き上げた後も、いくつかの出版社に持ち込んでは断られ、ようやく出版出来たのは、とても小さな出版社でした。

原作を読んでみればわかるのですが、主人公ハリーが成長する1巻から7巻までの7年間は綿密にストーリーが練り上げられており、ローリング女史は既に1巻の時点で最終巻までの構想はほぼ出来ていたと言われています。

原作1巻の時点で魔法学校は入学から卒業まで7年間である事が明示されており、1年を1巻としているため、7巻まで書きあげる事を前提にした小説なのです。

りんこ
売れるかどうか以前に、出版できるかどうかも分からない本を7巻まで出す前提で書くって、普通は出来ないわ・・・!
かな
出版社に自分から持ち込むって事は、最初から作家としての実績があったわけじゃないんだもんね!そういう後ろ盾もないのに苦しい生活をしながら小説を書いてたのかあ
りんこ
でも、夢があるわよね!一人の女性が書いた小説が世界を変えるんですもの!
かな
んー、私も小説書いてみようかなあ!
りんこ
えー、どんな小説書くのよ?
かな
壮大でファンタジーの中にラブロマンスありの、読んだ人がみんな笑顔になるような圧倒的コメディ要素を詰め込んで、だけど時にはシリアスに、そして最後は感動的なフィナーレを迎えるような・・・
りんこ
あー、もうそれ絶対アカンやつや・・・

 




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です