12月17日はPlayStation Vitaが発売された日!ソニー最後の携帯ゲーム機

めぐ
switchで遊ぶ時さ、外でやってると「あ、ここwifiないとこだった!」って焦る時あるよな​
りんこ
あら、テザリングを使わないの?​​
めぐ
なんだそのテザリングって・・・​
りんこ
自分のスマホをwifiルーターにして使えるのよ​
めぐ
私のは格安simのスマホ​なんだが、通信容量とか速度とかいけるか?​
りんこ
うーん、それだとちょっと厳しいかも​
めぐ
ゲーム機もさ、もっと通信を気にせず遊べればいいのにな​
りんこ
そうね。でもかつてwifi以外の通信機能を搭載した携帯 ゲーム機があったのよ​​
りんこ
という事で、今日はPlayStation Vitaの発売日だったのよ

ソニーが送り出す次世代携帯ゲーム機

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE、旧:ソニー・コンピュータエンタテインメント)は、2011年(平成23年)12月17日に PlayStation Vitaを発売しました。

2004年に発売したPSP(PlayStation Portable)の次世代機として登場。デザインはPSPを踏襲しつつ、画面は5インチのマルチタッチスクリーン、背面にもディスプレイの真裏に合わせてマルチタッチパッドを搭載。ほかにもモーションセンサー、マイク、カメラの搭載、AR対応など、遊べるゲームは幅はぐっと広がりました。

ゲームラインナップも『初音ミク -Project DIVA-f 2nd』、 『モンスターハンター フロンティアG』などの人気シリーズが登場。これらの人気ソフト同梱版のVitaも発売されました。

携帯ゲーム機はもはやスマホに

PSPは全世界で8000万台以上も売れ、携帯ゲーム機市場も開拓したソニーですが、2011年頃はスマートフォンも躍進しはじめました。そこそこの3Dゲームをアプリからも遊べるようになっていたため、ライバルはもうゲーム機だけではなくなっていたのです。

Vitaもただのゲーム専用デバイスとしてではなく、通信機能も強化しました。機種もwifiのみ通信可能な通常版と3G回線も使用できる3G版の二つを発売します。

インターフェースも、スマホのように各アプリを起動させておこなうようにしてブラウザからのインターネット接続、youtubeなども専用アプリから完全対応しました。

めぐ
スマホとやれることは変わらんな​
りんこ
ゲームはもう通信環境があることを前提としているのね​

さらに2013年11月14日、VitaTVを発売します。これはディスプレイとコントローラーを内蔵しないしないかわりに、テレビ接続して使用することが可能な、非常にコンパクトなVitaになります。従来のVita同様にアプリの起動も出来ることから、テレビを疑似的にスマートテレビのようにできました。

りんこ
操作はデュアルショックコントローラーから出来るので、普通に据え置きゲーム機感覚ね​
めぐ
めちゃくちゃコンパクトだしテレビの裏に設置しても場所を取らないのは地味に良いな!これでVitaはまた任天堂から携帯ゲーム機の天下を奪ったんだろうな!

Vitaはあまり普及しなかった

結論から言うと、Vitaはあまり売れませんでした。

PSPが世界で8000万台売れたのに対し、Vitaは1600万台と大きく差が出ました。

初期不良などのトラブルが続出した事もユーザーの不満を高めたのですが、携帯ゲーム機の存在自体が斜陽をむかえていたのです。

もともと、PSPもただのゲーム機としてではなく、動画再生や音楽プレーヤーとしての機能も充実していたため、そうした使い方にも需要があったのですが、それらの機能だけならもうスマホや携帯だけで補える時代になったため、広く普及しなかった原因にもなりました。

めぐ
任天堂も3DSはDSほど普及しなかったからなあ​​
りんこ
3DSもグラフィックはそれなりに進化したから、Vitaのグラフィックじゃないと遊べない携帯ゲームっていうのも限られていたしね​​
めぐ
今じゃswitchで携帯ゲームと据え置きゲームの境界も曖昧になってきたもんなあ​​
りんこ
そしてあなたはwifiを求めて街中を彷徨うのよね!​
めぐ
人をゾンビみたいに言うな​!




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です