12月26日はファミコン版アルカノイドの発売日!ブロック崩しゲームの金字塔!

かな
もうすぐ2019年も終わりかあ・・・りんこは、今年を振り返ってみてどうだったんだい?
りんこ
そうねえ・・・いろいろあったから、まだ今年が終わるって実感がないわ
りんこ
というか、急になんでそんな事聞くのよ
かな
今年の反省を踏まえて、来年に活かすのさ!だから一年の振り返りって大事なんだよ!
りんこ
あら、珍しくいい事言うじゃない!
かな
今年中にランクバトルでマスターボール級なりたかったんだけどなあ・・・
りんこ
ゲームの話かい!
りんこ
ゲームといえば、今日は誰でも一度はやった事あるゲームの発売日よ!

シンプルだけど奥深いブロックくずし

ブロックくずしゲームといえば、ゲームにおける古典として知られています。

上に並べられたブロックを、バーを使って左右に動かし、ボールが落ちないように操作しながらブロックを当てて壊していきます。

ゲーム性はとてもシンプルですが、ステージによってブロックの配置が変わったりボールの当てる角度によって球速が変わるなど、意外と頭も使いつつ反射神経が必要になってくるので誰でも楽しむ事ができます。

ブロックくずしとしての最初に発売されたゲーム作品は、1976年のアタリによる『ブレイクアウト』というゲームソフトです。

それから10年後、タイトーよりアーケードゲームとして登場したブロックくずし「アルカノイド」は、グラフィカルに進化し、アイテムやブロック以外の敵が出現するなどしてよりゲームとしてのやりこみ要素が追加されました。

分かりやすいルールだけど、意外とステージを進めるのが難しいこのゲームは大ヒット。

そして1986年12月26日、ファミリーコンピューターに移植されてアルカノイドは発売されました。

ゲーム性はそのままで、当時は不良の溜まり場と化していたゲームセンターに行かなくとも家でプレイできるとあって、こちらも大ヒットします。

ファミコン版ソフトには専用のダイヤル式コントローラーが付属しており、アーケード版をやり込むプレイヤーには家で練習するための良いアイテムになりました。

かな
ボールがブロックの一番上に入り込んだ時に一気に崩してくれるのがたまらんよね!
りんこ
アイテムでボールが増えたのに逆に一瞬だけ油断してたら全部落とすとかあるわよね

一回当てただけでは壊せないブロック、敵の出現、アイテムによってボールを当てるバーが広がったり、ボールが増えたり、バー自体がシューティングゲームのようにブロックを破壊する事ができたりギミックも豊富です。

類似ゲームの出現

80年代後半にヒットした「アルカノイド」ですが、ゲーム内容自体はとてもシンプルなので、90年代になると、様々なゲームが「ブロックくずし」要素を取り込んだゲームを発売します。

キャラクターの要素を追加したり、Hな背景のイラストがブロックで隠された脱衣ブロック崩しなども登場。

シンプルな操作性のため、パソコンが普及し始めると、プログラマが練習のために最初に作るゲームがブロック崩しだったりしました。

「ブロック崩し=アルカノイド」と認識している人は、実は少ないのではないかと思います。

かな
あー確かに。かながやった事あるブロック崩しも「アルカノイド」じゃなかった気がする
りんこ
わたしも、暇つぶしでスマホアプリのゲームしていた中に似たようなのがあったかなあ

アルカノイドは現在もシリーズが発売されている?

タイトーから発売されているアルカノイドの正当なシリーズ最新作は、wiiのダウンロード専用ゲームとして登場した「ARKANOID Plus!」になります。

ただ、これも発売したのは2009年なので、もう10年新作は出ていません。

かな
やっぱり、スマホアプリで誰でも手軽に遊べるようになっちゃったしね
りんこ
それはあるでしょうね

10年前のダウンロードコンテンツなので、今遊ぶのは難しいですが、DS版だったら中古ゲーム屋で比較的手に入りやすいかもしれません。サウンドトラックもクールでカッコイイです。

かな
年末だし、昔のゲームを振り返ってみるのもイイですなあ
りんこ
そうね!昔やったゲームを引っ張り出してくるのもいいわね!
かな
それじゃあ、まずはアタリのゲームから

※1977年発売

りんこ
そこから振り返るの!?




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です