1月9日はAppleのスティーブ・ジョブズ氏が「iPhone」を正式発表した日!

めぐ
革命を起こしたい
りんこ
いきなり何言い出すのよ
めぐ
今、この国には革命が必要だと思うんだ。少子化社会、貧困と格差、不安定な世界情勢
りんこ
そんな事考えたこともないくせに
めぐ
だからこそ、今考えるんだ!そうやって私は素行の良い生徒アピールをして、今年は生徒会の会長になるのだ!
りんこ
だから急に変な事言い出したのね・・・
りんこ
革命といえば、今日は人々のライフスタイルを大きく変える出来事になった、伝説の発表会があった日なのよ

iphoneは、すべてはこの日からはじまった

それは、2007年1月9日に開催されたアップル製品の展示会、Macworld Expo 2007の発表会での出来事でした。

発表会に登壇したスティーブ・ジョブズは、デジタルオーディオプレーヤーであるiPod、携帯電話、インターネットや電子メールの送受信等が行える携帯情報端末、これら3つの機能を併せ持った機器を発明した事を、冗談を交えつつ、誰にでも分かりやすい言葉で、いかに優れた製品であるのかを丁寧に説明しました。

後に、このプレゼンの内容に世界中の人々が称賛を贈り、やがてジョブズが神格化されるきっかけにもなります。

それこそが、iphoneの発表だったです。

携帯電話から物理キーを排除し、簡単な操作で電話もメールもアプリごとに管理されるシンプルなインターフェース。

今では当たり前の「スマートフォン」という物を多くの人に認知させた革新的なデバイスだったのです。

めぐ
iphoneって、そんなに凄い発明だったのか。日本では最初はそこまで騒がれていなかった気がするけどな
りんこ
日本では、フューチャーフォン、今で言うガラケーが普及していて、実はiphoneがやろうとしていた事って当時からほとんど出来ちゃってたのよね
めぐ
そうなのか。でも日本にもアップル信者は当時からいたんだろ?そう言う人達は買わなかったのか?
りんこ
初代iphoneは通信方式が日本では対応していない形式だったから、そもそも使えなかったのよ。だから販売してないわ

ちなみに、日本で最初に発売されたiphoneは、初代iphone発表から1年後の2008年、iPhone3Gからです。

マルチタッチスクリーンという斬新なUI

ジョブズのプレゼンでも述べられていますが、これまでのスマートフォンは、物理キーをパソコンのキーボードと同列の配置で作る必要があったため、操作が複雑でボタンも押しにくいという欠点がありました。

しかし、iphoneの非常に感度の高いマルチタッチスクリーンは誤タッチも少なく、キーボードを画面内で使えるため、非常に自由度の高いインターフェースであったため、アプリの開発や、アップデートが容易でした。

これはハードとソフトが一体型の、アップルの端末だからこそ可能だった技術なのです。

めぐ
今じゃAndroidのハイスペック端末も同レベルの水準だけど、昔の国産Androidなんかは操作感が酷かったもんな
りんこ
まともに動かない、操作しづらいで、その印象が強すぎるからiphoneが日本では人気と言う理由もあるわね

現在でもアップルの発表会は毎年注目される

2011年にスティーブ・ジョブズが亡くなると、後継のCEOとなったティム・クックが毎年発表会を行うようになりました。

今では当たり前となったスマートフォンは、カメラの画素数やスペック等しか変わらなくなってきているせいか、初期のiphoneのような驚きやサプライズを演出しづらくなったような印象を受けます。

とはいえ、時価総額世界一のアップルの新製品の発表は株価などに影響するため、この新製品の発表会には世界中から記者が集まります。

日本でも、ガジェット専門の記者が徹夜で発表会を見て、その様子を自身のブログなどで報告していたりもします。

めぐ
私もこの学校ではiphoneやジョブズのような影響力を持つ人になりたいものだ
りんこ
あなたは目立ちたいだけでしょ・・・




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です