2月3日はにじさんじの日!vtuber界の一大勢力!

かな
バーチャルyoutuberって、知れば知るほど推しが増えすぎて応援しきれなくなっちゃうんだよねえ・・・
りんこ
何人も追いかけてたら生配信をチェックして時間を奪われ、投げ銭とグッズでおかねも削られるものね・・・一人に絞ったら?
かな
でもにじさんじとか.LIVEとかホロライブとか、大手はどこもグループ売りするから他のメンバーもつい気になっちゃうんだよお
りんこ
まんまと策略にのせられてるわね!
りんこ
というわけで今日はにじさんじの日よ!

にじさんじの日が制定されるまで

にじさんじは、いちから株式会社が開発するiPhone X専用のスマートフォンアプリを使用して運営する、同名のバーチャルライバーグループです。これまでニコニコやyoutube、ツイキャスなどで生配信をしていた個人配信勢が、二次元のイラストを動きや表情によって動かせるようになるLive2Dモデルを操作する事で、vtuberとして活躍しています。

月ノ美兎、樋口楓、静凛らの人気Vtuber達が所属し、彼女達以外にも続々と参入して、現在は100名近い人数が所属しています。

そんなバーチャルライバーグループ「にじさんじ」が2と3のつく日であり、2018年2月から本格的に活動を開始したという理由でこの日を「にじさんじの日」として正式に決定しました。

かな
この日はにじさんじ総出で何かイベントしたりするんだろうなあ
りんこ
これだけ人数が多いと全員見るのは大変そうね

初期は月ノ美兎を中心に、vtuber個人勢とほとんど変わらない地道な活動が続きましたが、人数が増えていくにつれてvtuber界における一大勢力となっていきました。

何故にじさんじはここまで大きくなったのか

vtuberが突然ブームとなった2018年、最初に名前が売れ出したのは元祖vtuberのキズナアイや、ミライアカリ、シロ、ときのそら等の企業系vtuberでした。

もともとvtuberは3Dモデルの制作と、全身を動かすための機材を揃える必要があるため、初期投資が大変なので企業でないと参入は難しいとされていました。

しかし、Live2Dという二次元イラストを動かす技術と、人の動きと表情を取り込む技術は既にあったため、vtuber個人勢もこの時期、大量に増えたのです。

にじさんじ勢はその中で徐々に頭角を表していき、基本的には個人での生放送を中心に活動していき、ついには人気の高いにじさんじライバーには3Dモデルなども用意してもらえるようになりました。

一方、初期から活動していた企業系vtuber勢は運営と中の人で揉め事を起こしたり、企業主体であるために動画上の様々な制約もあって思うように活動出来なかったり、2019年以降はvtuber界隈全体の人気が落ち着いてき事もあって伸び悩んでいました。

その点、配信環境と2Dモデルだけを用意し、あとは個人に任せるにじさんじは、低コストで人数を多く抱えられ、それぞれの個性が目立ったので、いつの間にかグループで活動するvtuber勢力としては最も大きな勢力となったのです。

かな
高い費用掛けて機材とスタッフ揃えて、台本通りに動画を投稿する事が多かったアイちゃんやアカリちゃん、シロちゃんの動画クオリティは高いんだけどねえ・・・
りんこ
「vtuber」という物珍しさが薄まってくると、中の人への興味が湧いて、結局これまでの動画配信をしていた人と変わらない「囲い」を作る事が一番稼げるって気づいてしまったからね・・・
かな
まあでもミトちゃんの面白さは本物だからね・・・やっぱり中の人の地力が問われるよね
りんこ
vtuberとして中の人にばかり注目が集まるのはそれはそれでどうなのかなって気もするけどねー。難しいわ




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です