2月4日はSNS「Facebook」が開設した日!巨大IT企業が誕生した背景とは?

めぐ
見てくれよーりんこ!こないだなつきがさー、変顔したんだけどめっちゃ面白くて写真撮ったんだけどさー!
りんこ
決定的瞬間が撮れたじゃない!これはめぐにしちゃ面白い写真ね!
めぐ
だろだろー!あ、これSNSにあげとこー!
りんこ
それはダメよー!なつきにもプライバシーはあるのよー?
めぐ
ん?そーゆーもんなのか?
りんこ
万が一、炎上したら大変でしょ?
りんこ
SNSといえば、今日はFacebook開設の日なのよ!
めぐ
また強引な持っていき方を・・・

誰もが知るアメリカの巨大IT企業

Facebookは、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスです。アメリカの主要なIT企業であり、googleやAmazon、Appleなんかと肩を並べる巨大IT企業として、「GAFA」の括りで紹介される事も多いですね。

Facebookのほかにも、Instagramも提供している事で有名です。日本では他の代替サービスがあるのであまり馴染みはないかも知れませんが、Messenger、WhatsAppというアプリも海外ではみんな使うほどの有名なアプリです。

実名登録制で、個人情報の登録も必要となっていますが、それ故に匿名性の高かったインターネット上の相手とのやりとりにも信頼感が生まれ、ビジネスにも使われます。

個人で使うのにも、友人同士でショートメッセージの投稿や、動画や画像の共有もする事が出来ます。

Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来しているそうです。

りんこ
インスタは使うけど、Facebookはビジネスしてる人か年配の人が使うイメージね
めぐ
そうそう!私たちヤングはmixiを使うよな!
りんこ
いつの時代の話よ・・・

学生のコミュニティツールから世界へ

2004年にマーク・ザッカーバーグと、ザッカーバーグのハーバード大学のルームメイトまたは同級生だったエドゥアルド・サベリンが創業しました。

当初はハーバードの学生同士が個人のプロフィールを載せておき、学内のコミュニティに参加したり、情報を得るためのツールとして使われていましたが、やがて近隣の大学や高校生まで範囲を広げていきました。

りんこ
最初は学生だけに限定したサービスだったのね

しかし、口コミでFacebookの評判はどんどん広がっていったため、2006年9月26日以降は一般にも開放されました。日本では2008年に公開されます。

その後、スマートフォンの普及もあって急速にユーザー数を増やし、2010年にはサイトのアクセス数がGoogleを抜いた事で大きく話題になりました。2011年9月、世界中に8億人のユーザーを持つ世界最大のSNSになり、2012年10月、10億人を突破しました。

めぐ
物凄いユーザー数なんだな。似たようなサービスはいくらでもありそうだけどな
りんこ
Facebookが台頭するまでは「Myspace」ってSNSが主流だったんだって!音楽やエンタメに特化してたみたいで全盛期は2億人以上もアカウントがあったみたいだけど、その後に抜かれちゃうのよね

Facebookは何故世界一のSNSになれたのか

Facebookのスタートは上で書いた通り、学生間のコミュニティを提供するためのSNSでした。それも、実名で登録するため、身近な人たちがリアルタイムでどんな事をしていて、どんな事に興味があるのかを知る事が出来るツールです。

匿名の有耶無耶な人たちによって形成されるコミュニティとは違い、自分の本名と顔を知られた状態でネット上の活動するのでは目的も用途も変わってきます。

一方で企業はインターネット上に広告を打ちたくても、顔が見えない相手に向かってむやみに広告費を消耗したくありません。そういう意味でFacebookの実名性は広告を出す企業にとっても信頼度が高いのです。

インターネットの世界と現実世界を結びつけるSNSとして最も信頼されて人に使われるのがFacebookだったというわけです。

めぐ
まあ私がよく使うSNSは駅前の掲示板なんだけどな!
りんこ
昭和か!・・・っていうか、なつきの写真を駅の掲示板なんかに貼ってどうするつもりだったのよ




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です