2月12日はせんとくん誕生の日!全然可愛くないのに何故か人気ゆるキャラになった理由は?

バイトちゃん
・・・先輩、ゆるキャラのマスコットで自分の部屋、床が抜けそうなんすけど、どうすればいいっすかね?
りんこ
どうすれば床が抜けるほどに大量のゆるキャラを集めたりしたのか知りたいわ・・・・
バイトちゃん
いや、マスコット自体はそんなたくさん持ってなくて100体ほどなんすけど
りんこ
十分に多いわよ!
バイトちゃん
せんとくんの木彫り人形がデカくて重いんすよー・・・
りんこ
うわー・・・どこで手に入れるのよそんなもの
バイトちゃん
奈良県に行った時お土産でお店の人からタダでもらったっす!なんかもう人気ないからいらないって!
りんこ
そ・・・そうなのね・・・
りんこ
というわけで、今日はせんとくんが誕生した日です!

可愛くないのに可愛いゆるキャラの誕生

せんとくんは、奈良県の公式マスコットキャラクターです。

その始まりは2008年2月12日、平城遷都1300年記念事業協会から「平城遷都1300年祭」の公式マスコットキャラクターの図案が発表された事が始まりです。当初は奈良県のゆるキャラじゃなかったのですね。

この時はまだ名前が決まっておらず、イラストだけが公開されたのです。

仏に鹿の角を生やしたような姿で、なんともいえない表情を浮かべるこのキャラクターは、後に「せんとくん」として全国的に有名なキャラクターとなりました。

バイトちゃん
まあ、ぶっちゃけ自分も可愛いとは思ってないっす。なんで人気出たんすかね
りんこ
今でこそ見慣れたキャラクターだったけど、確かに初見だとお世辞にも「可愛い」とは思わなかったわね

せんとくん、可愛くないと批判されまくる

せんとくんの誕生は、ご当地ゆるキャラブームよりも少し前です。しかし既に当時「ひこにゃん」などのゆるキャラは既に人気でした。

観光をPRするマスコットキャラクターに、各地域が力を入れ始めていた頃だったのです。

マスコットキャラクターには親しみやすさを求められるので、可愛らしいデザインのキャラが多い中、せんとくんの見た目は、「可愛い」とは言い難い見た目で不評でした。

「表情が怖い」「仏に鹿の角を生やすなんて罰当たり」「デザイナーはゆるキャラの事をわかっていない」など、様々な批判があったようです。

そしてついには奈良のクリエイター達が「マスコットキャラクターに相応しくない」として、自分たちで非公式のキャラクターを作り、広めようとしたのです。

こちらの画像は、その非公式キャラクターの「まんとくん」です。

バイトちゃん
確かに、こっちの方がゆるキャラ感あるし可愛いっす!
りんこ
非公式キャラクターだった「まんとくん」と「むーなくん」は、後にせんとくんと一緒に奈良県を盛り上げるご当地キャラクターとしていろんなところで活躍したみたい

人気者になったせんとくん

「可愛くなさすぎる」という批判は全国にまで広まってしまい、逆にせんとくんの存在は有名になってしまいました。

テレビなどでも取り上げられ、「微妙なデザインに賛否両論」みたいなタイトルで紹介されると、たちまちネット上でもコラ画像が作られるなど、弄られるようになり、盛り上がりを見せます。

結果、知名度をあげた事で人気に火がつき、2010年に奈良県の観光マスコットとして、正式なご当地ゆるキャラの仲間入りを果たしたのです。

その後の活躍は、皆さんも知る通りですね。

バイトちゃん
やっぱり目立つって事は大事なんすね!
りんこ
確かにずっと見てると愛着が湧くような気がするわね!
バイトちゃん
うーん、でもやっぱり見た目は微妙っすね!




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です