2月19日はYMO結成の日!日本のミュージックシーンを牽引

なつき
最近ね、月額ストリーミング音楽サービスに入ったの!
りんこ
いいなあ!月額1000円くらいするから、わたしのお小遣いじゃ厳しいわ・・・
なつき
えー、でもりんこ、毎日雑貨屋さんで働いてるじゃない
りんこ
まあ、家のお手伝いだしねー・・・それにクレジットとか口座引き落としとかだとお母さんの許可いるし
なつき
いろいろ大変なんだねえ
りんこ
ところで、音楽の話題繋がりという事で、今日はとある音楽グループの結成日なのよ!

日本を代表するテクノグループの誕生

イエロー・マジック・オーケストラ (YMO) は、坂本龍一らが結成したテクノポップグループです。1978年2月19日に結成しました。

シンセサイザーの進化によって、それまで商業音楽の主流だったギターサウンドのロックだけでなく、電子音を主体とした音楽ジャンルが誕生し始めていました。

アンビエント、ニューウェイヴ、テクノなどの新しいジャンルが、1970年頃より海外のアーティスト達によって生み出されていたのです。

YMOはそんなシンセサイザーを主体としたクラフトワークやELPなどのアーティストに影響を受けて結成されました。

バンド名の「イエローマジック」は直訳すると「黄魔術」で、東洋の魔術(音楽)という意味があります。

YMOのサウンドの中にも、当時としては最新のサウンドを取り入れながらも、日本的(東洋的)な歌物やメロディ、音色などを多用し、黄色人種であることを強調していました。

ファッションやアルバムのジャケットデザインも奇抜なものが多く、そんな彼らの音楽や独自性は当時の日本の若者を熱狂させました。

また、グループ名からも分かる通り、彼らの活動は世界を見据えており、海外でもライブを行い、非常に高い評価を受けました。

彼らは音楽活動だけでなく、テレビなどへの露出にも拘り、奇抜な格好でお笑い番組に出演する事もあったそうです。

1983年には一度「閑散」という名の解散を宣言しますが、10年後の1993に再び活動再開し、その後は不定期に活動する事があります。

なつき
時代が古いからあんまり聞いた事なかったけど、音楽やったりコントやったりパフォーマーだったんだね
りんこ
もちろん、この人たちの音楽はそれぞれのソロ活動も含めてとても高い評価を受けているわ。作曲した人を知らないだけで、多分聴けば知っている曲もいろいろあるはずよ!




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です