2月20日はニューヨークのメトロポリタン美術館が開館した日!

めぐ
芸術家になりたい
りんこ
また急にどうしたのよ・・・
めぐ
歴史に名を残すにはどうしたらいいのかって考えたんだが、やはり私には芸術分野しかないなって思ってな!
りんこ
芸術って・・・具体的に何するの?
めぐ
これからの時代はな、人の生き方が「ゲイジュツ」になるんだぞ!
りんこ
ハイハイ・・・全然意味わからないけど
りんこ
芸術といえば、今日は有名な美術館が開館した日です!

世界最大級の美術館の開館

メトロポリタン美術館は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある世界最大級の美術館です。

建国してから比較的歴史が浅いアメリカでは、国の中に歴史的価値のある美術品や芸術品がほとんどありませんでした。

世界最大級の美術館の構想はここから始まったと言われています。

そして独立運動に立ち会った多くの有志を募り、基金を設立して世界中から美術品を購入しました。

そしてメトロポリタン美術館は1870年2月20日に開館したのです。

その後も様々なコレクターからの寄贈や基金からの購入によって収蔵品数を増やしていき、その結果、現在では絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵するまでになりました。

広大な敷地面積を誇るこの美術館は、全館を一日で巡るのは難しいほど広いと言われています。

めぐ
世界中の美術品があるって事は、日本の美術品なんかもあるのか?
りんこ
もちろんあるわよ!浮世絵なんかの絵画は日本の美術館以上に貯蔵しているんじゃないかって言われているくらいだわ!

なぜ世界最大級の美術館となったのか

メトロポリタン美術館は、フランスのルーブル美術館に次いで世界で2番目の入場者数を誇ります。

世界有数の大都市ニューヨークの観光名所であり、世界中の人が訪れるため、設立後は敷地面積を次第に拡大していきました。館内の広さは6万平方メートルにもなります。

そして特徴的なのは、入館料は「希望額」として一人一人が決められるというものでした。ただし、現在では支払額は義務化されていますが、設立から2018年と最近までは希望額で入館する事が出来ました。

このような特徴を備えたメトロポリタン美術館は世界三大美術館の一つとして数えられたりもします。

(因みに、他の二つは、ルーブル美術館とイギリスのナショナルギャラリーなど言われる)

めぐ
うーん、世界的に有名な美術館に私の作品を展示するのもいいが、如何せん展示数が多いと私があまり目立たなそうだなあ
りんこ
だったら美術館じゃなくてもいいじゃない・・・
めぐ
というか、私が私の美術館を作ってしまえばいいじゃないか!
勝手にどうぞ[/speech_bubble]




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です