3月6日はナビスコが米国内で「オレオ」の販売を開始した日!日本では販売終了している!?

なつき
じゃがりこにお湯を注いで解して食べるのあるじゃん?
りんこ
あーやったことあるわ!あれ美味しいわよー!
なつき
オレオを牛乳にひたして食べるっていうのあるじゃん?
りんこ
まあ、あれも美味しいわよね
なつき
じゃがりことにオレオにホット牛乳かけて食べたらもっと美味しいんじゃないかな?
りんこ
絶対に美味しくない!
りんこ
というわけで、今日はオレオの発売日だった日です!

アメリカ発の黒いクッキーサンド

オレオは、黒いクッキーに白いクリームを挟んだお菓子です。1912年3月6日にアメリカで発売され、現在では世界中で販売されております。

中にたっぷりのクリームが詰まっているのが特徴で、クッキーを2枚に分離してクリームが乗っている方からクリームをすくって食べたり、牛乳にひたして柔らかくして食べる方法があったりするのは有名ですよね。

一時期は、マクドナルドでは「マックフルーリー」というバニラアイスに砕いたオレオを混ぜた商品が夏の定番メニューになっていたりもします。

なつき
オレオケーキってあるもんね!
りんこ
クッキーだけじゃなくてクリームも美味しいから、実はアレンジレシピっていろいろ存在するのよね!

国産オレオはもうない

日本ではかつてヤマザキナビスコ(現・ヤマザキビスケット) より発売しており、コンビニやスーパーで並んでおりましたが、実は2016年にライセンス契約が切れた事で、国産オレオは消滅してしまいました。

なつき
えー!?じゃあオレオって売っていないの!?
りんこ
そこは安心して!ちゃんと売っているわよ

現在、オレオは中国から輸入する事で商品名「OREO(オレオ)」の青いパッケージは健在です。ただ、以前ほど店頭で見かける機会は少なくなったかもしれません。

その変わり、『ヤマザキビスケット』から新たな国産オレオとも言える商品が発売されたのです。

その名も「ノアール」

もともとオレオを製造していた工場で商品名を変えて生産しているだけなので、見た目は本家オレオと大きな違いはないのですが、味は若干日本人向けに変えているそうです。

ノアールは海外のお菓子特有のしつこい甘さが軽減されて上品な味わいになっています。

しかし、それほど大きな違いはないので、これまでのオレオ好きの人でも安心して食べられるメイドインジャパンのお菓子になったと思います。食べ比べしてみないと味の違いは分からないかも・・・?

なつき
オレオのパッケージは青いけど、ノアールは赤いんだね!
りんこ
パッケージの見た目は全然違うのに、中身はほとんど一緒のものが売られているって、日本だとなんだか不思議な感じがするわよね
なつき
わたしでも味の違いわかるかな!?
りんこ
豚肉と牛肉と鶏肉の味の違いが分からないなつきにはちょっと難しいかも・・・




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です