3月8日はメタルヒーローシリーズ「テツワン探偵ロボタック」が放送開始した日!

バイトちゃん
合体ロボみたいなやつってあるじゃないっすか?
りんこ
あー男の子が好きそうなやつ!
バイトちゃん
ロボット同士が合体して何が楽しいんすかね?
りんこ
わたしに言われてもねえ・・・女子はプリキュアとかにハマるわけだからお互いに好きな物が違うのは仕方ないんじゃないかした?
バイトちゃん
でも、プリキュアは大きいお友達も好きじゃないっすか!
りんこ
うーん確かに・・・
バイトちゃん
どうせならロボットも犬とか猫とか可愛いやつが出てくれればいいのに
りんこ
あら!まさにそういう作品があって、今日は『テツワン探偵ロボタック』の放送開始日なのよ!

可愛らしい犬型ロボットが変身!?

『テツワン探偵ロボタック』は、1998年(平成10年)3月8日からテレビ朝日系列で放送された特撮テレビドラマです。

『宇宙刑事ギャバン』をはじめたとした、メタルヒーローシリーズの第17作目に当たる本作は、前作『ビーロボ
カブタック』に続くギャグテイストがちょっと強めな、コミカルな作品になっています。

主人公ロボタックは、優しくて正義感が強い犬型ロボットです。磁石のSとNになぞらえて変身する事ができ、通常の犬型ロボットのNモード時は甲高く可愛らしい口調で、語尾に「バウ」を付けて喋り、Sモード時は人型に変形して、パワーもスピードも大幅にアップして戦い、口調も変わります。

バイトちゃん
特撮でこういうのは珍しいっすね!なんか見た目がゆるキャラとかにもいそうで愛着わきそうっす!
りんこ
磁石で変形するっているのも、玩具として発売することを意識している感じがするわね!

人気はあったものの、地味な印象?


元々メタルヒーローシリーズは、 東映が得意とする特撮ヒーローの中で、ロボットやサイボーグ達が悪と闘うというコンセプトでした。

ストーリーもシリアスな物が多く、仮面ライダーシリーズのように年齢層が少し高い大人達からの支持も根強いです。

ロボタックも、前作『ビーロボカブタック』も同様に「ロボットが悪と闘う」コンセプトは踏襲しているものの、コミカルなキャラクターを多用するため、完全な子供向けにシフトしたと言われています。

売り上げは堅調でしたが、ロボタックでメタルヒーローシリーズは一旦終了し、その1年後には平成ライダーシリーズが開始されました。

結果、子供のみならず、一緒に大人達もハマるなどしたため、大ヒット。そのためにカブタックやロボタックシリーズ路線は長続きしませんでした。

また、メタルヒーローシリーズの中でもこの2作が異質であるために、一部のファンからはメタルヒーローにカテゴライズされないなど、中途半端な扱いを受ける結果となってしまいました。

バイトちゃん
全国のお父さんは仮面ライダーを懐かしんで見てて、全国のお母さんはイケメン俳優目当てで子供と一緒に見るんだから、そりゃ人気が出るわけっすよ!
りんこ
ロボタックも凄く良い作品だって言われてるけど、やっぱり大人も巻き込むのは強いわね!




みんなにシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です